The EnidのTシャツ & Enidのシングル盤各種
 このコーナー、ついにここまでマニアックになってしまいました(笑)。「価値がワカル人にだけワカル」とゆー、エニド関連グッズどすぇ。
 エニドのシングル盤の所有リストは、年代順に以下の通りです。

・Golden Earrings / Omega
・Dambusters March 〜 Land Of Hope & Glory / The Skyboart Song
・Fool / Tito
・665 The Great Bean / Golden Earrings
・When You Wish Upon A Star / Jessica
・Heigh Ho / Twinkle Twinkle Little Star
・And Then There Were None / Letter From America

 ご存知の通り、エニドの初期から中期にかけてのシングル盤は全てアルバム未収録曲(もしくは未収録テイク)である為、非常に貴重なコレクターズ・アイテムとなっています。また、1996年にエニド自身がリリースした(自称)シングル・コレクションCDにも、オリジナル・テイクは殆ど収録されていませんでした。あのCDの惨状から察して、エニド自身が英EMIとの係争やコミューンの火災を経て、オリジナル・マスタテープを全く保有していないことは明白です。正に「シングル・レコード以外では絶対に入手不可能な」音源なのです。(補足:唯一、国内盤のコンピレーションのみで、オリジナル・テイクがCD化されています)
 エニドのTシャツはYahoo!のオークションでGETしました。休日にこれを着てスタジオでシンセなぞ弾くと、「さあ〜♪、今日からあなたも気分わロバート・ジョン・ゴドフリーよ!!」ってなもんで、たぶん何が楽しいのかサッパリわけわかんねーだろーけど、でもオレは勝手に楽しいんだから放っといてくで!!(病)。

 
ペーパー・スリーヴ(紙ジャケット)のCDコレクション
 出ましたぁ〜!!友部の紙ジャケCDコレクション!!
 全部で何枚ぐらいあるんだろ〜??っと数えてみる気も起こらない。(笑)。
 個人的に紙ジャケって大好きっス。なんせレコードで育った世代ですからねぇ。どうもCDのプラケースは愛着ワカンです。やっぱり音楽はジャケットも含めてトータル・アート・ワークだから、ジャケットの造りや触感も楽しめて、初めて「モノ」としての愛着が湧くとゆーもんじゃないですか??レコード会社さん(笑)。 なおかつ紙ジャケの再発にはだいたい「最新リマスター」というオマケが付いていて、レコードに近い音質も楽しめるから、ますます「おやじの郷愁」そそられちゃうワケです(笑)。
(某オビにあった「レコードのように音の良いCD!!」とゆー表現には笑っちゃいましたが...。え?CDってレコードより音悪かったのかオイ??(笑))
 で、やっぱこのテの紙ジャケCDは、「万事レコード・ライクに扱う」のがベストですネ。写真のようにディスク・ユニオン特製の紙ジャケ専用収納ラックに入れて、1枚1枚も内袋がポリ製なのはやーなので、全部「不織布」という専用の布袋に入れ替えて...とゆーこだわりようです(病)。そしてキワメツケは、「手でパタパタとレコードのように選ぶ(笑)」とゆーのが、病的かつ正統派の楽しみ方でござりますね。(^^;)
 ただこのところ、一時の紙ジャケブームもカナーリ下火かなぁ??とは思いまふね。「紙ジャケの出直し」とか、絶対手を出さないし...キリがないから。なのでこのコレクションも「ここらで打ち止めっ!!」にしたいのデス。
トップページに戻る
 
Yuming Visualive DA・DI・DA (ユーミン・ビジュアライヴ・DA・DI・DA)
松任谷 由実
1986年プレス : 日本国内盤
 全盛期の松任谷 由実の唯一のライヴ・アルバム。1986年といえば、まだCDというメディアが市場に出たばかりの過渡期です。この時代に先駆的に「CDオンリーで(レコードはなし)」、かつ枚数限定盤でリリースされ、物議を醸した(「CDのハード・メーカーと結託している」...云々)のが本作です。「レコードでは終始一貫したライヴの内容を伝えきれない」というのが当時の松任谷 由実の主張だったように記憶していますが、確かに非常に聴き応えのある素晴らしいライヴ・アルバムです。
 全篇約63分という、当時としてもかなり超尺な収録時間の中に、彼女の新旧取り揃えた名曲がライヴならではの素晴らしい躍動感をもって収録されています。当時としてはまだ珍しかった2名のシンセサイザー奏者によるアンサンブルも非常にツボを得ており、当時日本の最高水準の演奏であったであろうことは明白です。またライヴ・アレンジの妙も超一流で、比較的古い曲もモダンで洗練された(当時としてはですが...)アレンジで見事に蘇っています。CD1枚を通じて、十分に練り上げられたコンサートの構成が見事に伝わってくる点も、正に「超一流」の一言に尽きます。さらに昨今のように、大物になればなる程ライヴといえばコンピュータを駆使した同期モノのアンサンブルがメインになってしまう現状で、松任谷 由実のような「スタジオ録音盤しか出さない」超大物アーティストの、「ほとんど生演奏に近い」ライヴ演奏がCDで聴けるというのは、非常に重要な意味を持っています。限定盤で再発はまず考えられない希少価値以上に、何よりもユーミン・ライヴの素晴らしい瞬間を明確に捕え切っていることが、本作をプレミア付きの超コレクターズ・アイテムとせしめている所以です。
 ちなみにオリジナルは豪華な「飛び出す(笑)」コンサート・パンフレット付き。正に「このCDで生のコンサートを楽しんで下さいね」という彼女のメッセージが、ひしひしと伝わって来るようなコンセプトです。

 
A Young Person's Guide To King Crimson (新世代への啓示)
King Crimson (キング・クリムゾン)
1990年プレス : 日本国内盤
 皆さんご存知、栄光の後期キング・クリムゾン解散後に発表されたベスト・アルバムのCD版。1990年頃当時のヴァージン・ジャパンのクリムゾン担当者が、ロバート・フリップ氏との度重なる交渉の末、非常に厳しい条件付(ブックレットの忠実な再現等)で、初回盤のみCD化を許可されたといういわく付きのシロモノ。本作のCD化は後にも先にもこれ1回きりであり、またかの「ロバート・フリップ爺」の性格を考えると今後のCD化も全く見込めない為(笑)、世界中のクリムゾン・ファンのコレクターズ・アイテムとなっています。
 以下は私がこのCDを入手するに至った一連の流れです....。
1.「翌日から」貴重盤セールを開催予定の某新宿ディスク・ユニオンのプログレ館に(どこが某だって...)、閉店間際に入店。
(意図があったワケではない。たまたまデス....)
2.「翌日の目玉商品として」棚にすでに陳列されていた、当CDを目ざとく発見。
(やったね!!)
3.「何食わぬ顔をして」当CDを購入し、そそくさとその場を立ち去る....。
(「どろぼー!!」(店長の声))
...とゆー、「産まれてごめん...(泣)」的ななりゆきで入手に至ったワケです(笑)。
 で、肝心の内容はというと、ジュディ・ダイブルが唄う「風に語りて(I Talk To The Wind)」と、シングル「キャットフード」のB面としてリリースされた「グルーン(Groon)」のスタジオ・テイク、この2曲がCDで聴けるということのみが唯一のメリットです。それ以外にはさしてメリットを感じません。いかんせん本作は初期のCDであるため音質も悪く、またクリムゾンの他のアルバムは全てリマスターやリミックスを重ねて、もー何代目だかワカんない??(笑)現状では、CDプレーヤーに乗る機会さえもほとんど無いのが実情です。
 「ただ眺めているいるだけで、有り難味を感じる...」、本作はそんな「マニア心をくすぐるだけの」存在でしか、今や私にはありません。
 このコーナーでは、私の枚数測定不能(笑)のCDコレクションの中から、「特にプレミアの付いている貴重な盤」(つまり「お宝モノ!!」 (^o^) )を紹介しちゃおーと思います。よーわ「こんなん持ってんだぞぉー!!」みたいな、「ただ単に自慢したいだけ」みたいな、ほとんど意味のないページです。スンマセン(笑)。
 「シンフォニックロック・ワールド」はそもそも、「シンセサイザー奏者の友部 豊」と皆さんとの交流の場として発足したのですが、今日に至ってはかくのやうに「オタク根性丸出しのページ(笑)」を乱発しております。深く反省申し上げますデス。
m(_ _)m でも「不治の病」は治んないのよぉ〜ん♪ごめんちゃい。
....でわでわ、友部の「究極のオタクの世界」をとくとご堪能あれ....。
Welcome to My Cosmo World