イバニーズ : AR 250 
 最後に、ともべ愛用のエレキ・ギターを紹介します。
 レスポール・タイプなのにダブル・カッタウェイであるこのギター、ギター通にヒトに言わせれば「いわゆるSGモドキ(笑)」とゆーらしーです。
 でもいかんせんともべはギターはドシロウトなので、ギター・ショップへ行って、我が敬愛するエニドのフランシス・リカーリッシュ様のギター持った写真を見せて、
      「こんなギター、ください。」 (ばか)
と言って選んでもらったとゆー、私の人生上最も恥ずべきエピソードを持った(笑)、ギターです。
 でもシロウトなりに、このギターのサウンドは気に入っています。基本的にともべは「ぷろぐれ・おたく」だもんで、
      「やっぱギターは、レスポールみたいな音ぢゃなくちゃぁぁぁ!!」
みたいなヘンな先入観があって、そーゆー意味でわ満足してます。
 (おろかもの...)
 あと、ギターの前にあるのは、ローランドのミニ・アンプとズームのマルチ・エフェクターです。このヘンを繋いで音作りをしています。ただミニ・アンプとはいえ、休日の昼間でさえナマで音出ししたりすると、速攻で家族が苦情に飛んできます。(大笑)
 まだ本当にヘタクソなのですが、今後自分の音楽世界を広げるためには、欠かせないアイテムの1つです。

 
E-MU : ウルトラ・プロテウス X 2      (上から順番に)
アカイ ; S−2800
コルグ : M3R
E−MU : ESI4000  その他、エフェクト・モジュール群いろいろ
 いっかにも古いっ!!ウザいっ!!(笑)といったカンジのオールド・モジュール群でございます。
 いかにレコーディング環境がPC化されたとはいえ、「じゃー、レコーディングはぜーんぶPC1台だけで」の発想には、やっぱ付いていけないのデス。特に、音源は重要。PC内臓のソフト・シンセって、どーも中途ハンパで、「音としての質感」が決定的に足りなくて、やっぱ使う気になれない。(全部とは、言いませんが...)
 前述のアナログ・シンセ群もそーですが、このデジタルのオールド・モジュール群も、例えば「1台に決定版の音が1つでも」あれば、やっぱ残っちゃいますねー。レコーディング環境がいかにPC化されても、レコーディング・ソースの音はやっぱ最重要だと思うのです。
 
 
ローランド : リズム・コンポーザー TR707
 すんません、コレも、新しい機材じゃないっス。学生時代から愛用している超オールドなリズム・マシーンです。今まで紹介するのを忘れてたの、ごめんちゃい。(笑)
 同じローランドのオールド・リズム・マシーンでもこの1つ前の「TR−808」(通称ヤオヤ)あたりになると、まだPCM音源でないがゆえに独特な音色感があって愛好者も多く、中古市場なんかでは「超プレミア付き」で取り引きされちゃったりするんだけれど、完全にPCM化されたコイツのほうは、もうほっとんど使ってるヒト見ないっすネ。
 ...じゃ、なんでともべが今だにコレを使っているかとゆーと、「コレじゃないと自分のリズムがプログラミングできないから」(爆)です。実はともべの作品はぜーんぶ、コイツでリズムの打ち込みをしてたの。(笑)
 なぜかっていうと、「音のタイミングが自然」だからです。超シンプルな操作性の割には、打ち込んだ音の打点タイミングやアクセントが機械的にならない。もしかしたら内部的に何らかのクォンタイズ・ロジックを持っているのかも知れないデス。
 だた内蔵音源だけは「いかにも古い」(笑)ので、これで打ち込んだMIDI情報をCubaseに転送して、そこでソフトのドラム音源を鳴らしています。キーノート・ナンバーがちょっと違うので、案外面倒なんだケドね...。
 一生涯使い続けたい、愛すべき「オールド・マシン」です。
 
ローランド : FantomーX6 Audio Track Expansion
 見た目はフツーのシンセですが、コイツの内部仕様はカナーリ「バケモノ(笑)」です。シンセ&サンプラー&レコーダー&シーケンサー&コンピュータが一体化した、巨大な「ワークステーション」です。
 で、ともべはコイツを主にライヴ用として使用しています。レコーダー部分にPCから読み込んだバックグラウンド・オケをロードして、サンプラー部分にアナログ・シンセから移植したサンプルをセットして、ライブで演奏しています。
 ちなみにともべのFantom−Xは、内部メモリを512MBフルに拡張して、オプションのサウンド・カードを4枚フルに差して、さらに1GBのフラッシュ・メモリカードも装着して、完全なフル・スペック仕様にしました。メモリはトータルで2GBです。
 さらにともべのFantom−X、ハードウェアは確かにローランドなのですが、上記のやうな使用法をしているがために、「出てくる音は全部コルグ(笑)」です。なんかヘンなのぉ〜...。
 
HPのレコーディング用PC
 2014年末に、遅ればせながらレコーディング環境をDAWで完全PC化しました。PCはHPのデスクトップで、CPUはCorei7、RAMが16GBで、HDを1TB積んでます。
 そこに、マルチトラック・レコーディング・ソフトとして、スタインバーグのCubase PRO 8.5、マスタリング・ソフトとして、同じくスタインバーグのWavelab PRO 9、Waves L316 マルチ・マキシマイザーを搭載しています。
 オーディオ・インタフェースはスタインバーグ純正のUR44を使用しています。
 DAWを導入した効果は素晴らしく、作業の効率化によりレコーディング期間が約1/4に短縮されたばかりでなく、音質的にも完成度が格段に高くなりました。なんといっても「トラック数はスペック上無制限」は、最大の魅力です。マルチトラック・レコーディングからミックスダウン、マスタリング、CD作成までフル・デジタル処理の完全テープレス、ケーブルレスを実現して、レコーディングの世界観が全く変わってしまいましたね。
 
ベリンガー : MDX2000 コンポーザー (上)
ソニー : DTC−A8 (中)
タスカム : CDーRW900SL (下)
 マスタリング&CD作成のコーナーです。
 上記のやうに、マスタリング環境も全てPC化してしまったので、今や必要なくなった機材達なのですが、いかんせん過去のレコーディングの全てが、マスターテープがDATであるため、一応残してある機材です。
 
コルグ : モノポリー (上)
コルグ : ポリシックス (下)
 この2台、共にコルグから1982年に同時に発表された兄弟機で、パネル・デザイン等外観も統一されています。2台並ぶともう「壮観!!」の一言に尽きますネ♪すらっと並んだツマミ類なんか、もう私は「タマンナイ〜ッ!!」とゆ〜カンジなのデス。(病)
 ...で、カンジンの音の方はとゆ〜と、モノポリー、すんげぇ強力です。なんせ、4VCOですぜぇダンナ〜(笑)。ふつ〜の国産モノシンセだと、フランジャーかなんかカマして音に厚みを付けてやらないと、「リードではちょっとな〜...」なんてカンジなんだけど、コイツは余計なエフェクターは何にも要らないです。ディレイだけで十分!!な「超暴力的最強」のリードシンセなのです。
 ポリシックスは説明不要でしょう。「国産シンセ史上最高の銘機」です。コイツのストリングスとブラス、それにオーケストラ・サウンドがないと、ともべの音楽はセッタイ成り立たない!!ぐらい、所有機材の中では最重要な1台です。
史上最強のコルグ軍団!!
 
ハモンド : XM-1
 ハモンドオルガンの音源モジュールです。発売されたときは狂喜(狂気ではない...)しました。敬愛するプロコルハルムのオルガン・サウンド、出ちゃいます。それだけでもう...感激...。
 ドローバーはやっぱ下4本フルに引っ張って使わなきゃ....なんて。
 
ローランド : RD-600
 音源モジュールをコントロールする、マスター・キーボードです。88鍵あって鍵盤のタッチも良いし、MIDI関連の機能もなかなか充実しているところが気に入っています。
 
ドイプファー : A-100
 ここまでくるともうほとんどビョーキですね...ご覧の通り、れっきとした純アナログのパッチ式モジュラーシンセサイザーでございます(合掌)。
 で、なにがい〜かとゆ〜と、あらゆるモジュールの出力を自由に加工して、それを他モジュールに制御電圧としてブチ込んでやる、なんてことはモジュラーシンセじゃないとできないワケです。だから音の自由度が圧倒的に高くて、「パッチ方式でないと出せない音」が山ほどあると痛感させられる一台です。
 ちなみにこれはドイツ製です。
 
ヤマハ : CS15
 さらにアナログシンセサイザーですっ!しかもモノフォニック!!ここまで見てブラウザを終了させようとしたあなたっ!!あなたは間違っているううううっ!!!やはりアナログには捨て難い味があります。
 このCS15も、シンセリードで使うととってもいい感じ。なんともいえない「色っぽい」音が魅力的です。
 
フェンダー : クローマ ポラリス
 いきなりアナログですっ(あなくろではない)。しかも泣く子も黙るVCO,VCF,VCAときたもんだ(やっぱシンセサイザーはこのテが一番...)。でもコイツはなかなかユニークで、バイポーラ方式(パラメーターを+−双方向に制御できる)のシンセサイザーは、後にも先にもこれだけじゃないかな...。音はブリブリと粗めで力強いです。ブラス系なんかに向いている感じ。
 あとそれから、もともとはアープの技術者が開発したもので(後にフェンダーに権利を売却した)、たとえばモノモードでポルタメントかけたりすると、あのジェネシスのトニー・バンクスが奏いているような、シンセリードの音が出せちゃいます。
すごいっ!!!
トップページに戻る
Welcome to My Cosmo World