2002年〜2017年 追記
すっとばし過ぎです。(笑)
この間、仕事は開発者からプロジェクト・マネージャーへと変わり、音楽の制作環境もアナログからデジタルへと大きく変貌を遂げました。しっかしながら!!ともべの生き方の根本自体わ「な〜んも変わんない」(笑)。50代半ばのいいオヤヂが、30代の頃からほっとんど変わってないのだから、いいかげん自分でも呆れます。
相変わらず、日々のITエンジニアとしての本業の傍らで、スタジオでの音楽制作に励み、年に1回ぐらいはライヴ、の生活。でもやっぱ、「継続は力なり」だと、自分でも思うのです。あと、ソーシャル・メディアの進歩によって、ミュージシャンとしてもコミュニケーションの方法は大きく変わったかな??
改めまして、「シンセサイザーの友部」を、どうかよろしくお願いいたしま〜す♪


トップページに戻る
ロック系:
エニド、プロコルハルム、ルネッサンス、ムーディー・ブルース、EL&P、UK、ピンクフロイド、コロシアム、コロシアムU、グリーンスレイド、イエス、ジェネシス、キング・クリムゾン、エイジア、カーヴド・エア、バークレー・ジェームス・ハーヴェスト、イ・プー、ジェントル・ジャイアント、P.F.M.、キャメル、マイク・オールドフィールド、アラン・パーソンズ・プロジェクト、フォーカス、トレース、ジェスロ・タル、フランキー・ミラー、ロビン・トロワー、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ユーライア・ヒープ、ロバート・パーマー、スカイ、.....んっ、もう他にもいっぱい!!!

ジャズ・フュージョン系:
マハビシュヌ・オーケストラ、リターン・トゥー・フォーエバー、ブラッフォード、ブランド]、デオダート、パット・メセニー・グループ、ウェザー・リポート、ビル・エバンス・トリオ、ケニー・ドリュー・トリオ、他

シンセサイザー系:
冨田 勲、ヴァンゲリス、ジャン・ミッシェル・ジャール、タンジェリン・ドリーム、他

イージーリスニング系:
スティーヴン・シュラックス、スウィート・ピープル、デビッド・フォスター、倉本 裕基、他

クラシック系:
マーラー、ブルックナー、ワーグナー、他

Jポップ系:

小野リサ、ZARD、TUBE、いきものがかり、他

好きなアーティスト
星座:  獅子座 (百獣の王!!がぉ〜!!)
血液型: A型 (よくB型だっていうヒトいるけど....あれは間違いよぉ〜ん。)
動物占い: 金の「こじか」(笑)
好きな食べ物: ひたすら生ビール.....あと肉料理全般。
嫌いな食べ物: 野菜料理全般。
特技: 12時間以上連続して熟睡できる。
座右の銘: 「前例がないなら、やってみよう。」
趣味: パンツを頭から被り、奇声を発しながら、全裸で深夜の町を徘徊する。(うそよぉ〜ん♪)
弱点: わき腹が感じる。(なんのことやら.....)
よく現れる場所: 休日の「いわゆる西新宿」界隈。(いや〜ん、病気...)

プロフィール
2001年4月
 某外資系ITベンダーで、主にWindowsベースのアプリケーション開発に従事する一方、都内某所プライベート・スタジオを中心にしたレコーディング活動と、ライヴでの演奏活動を精力的に行い、現在に至る。
 学生時代に一度は燃え尽きてしまった「シンセサイザー奏者・友部 豊」が、それから14年を経た今、こうして現役であるという事実に、私自身驚きを隠し得ません。これも一重に、私と関わって下さった多くの方々の、暖かいご理解とお力添えの賜物以外の、何物でもありません。この場を借りまして、そういった多くの方々に、心より深く感謝を申し上げます。21世紀も、「シンセサイザーの友部」を、末永くよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m

1999年3月
 1900年代の総決算として、3枚目のソロ・アルバム「It's A Fantastic World !!」を発表。
 
アフターセブン・コンサート(1998年)
1997年10月
 某ITベンダー主催「アフターセブン・コンサート」に、初出演する。これ以降、同コンサートの常連となる。
1995年〜
 このあたりからのコンピュータのオープン化(PC化)は著しく、また、音楽の制作環境のコンピュータ化も著しかった。現在に至っては、「会社で本業としてやっていることも、自宅で音楽活動としてやっていることも、やってることはほとんど変わんない(笑)」とゆー、ほとんど信じられない事態が発生している(わはは...)。我々「エンジニア兼ミュージシャン」にとっては、いい時代ではあるが....。
 
1994年12月
 東京は代々木にて、ソロとしてコンサートに出演し、約8年ぶりにライヴ活動への復帰を果たす。この時は新作「Song For A Star」より、新曲をライヴで披露している。これを皮切りに、継続的に現在までライヴ活動は続いている。

1989年〜1994年
 この間のスタジオ機材の充実は著しく、給料を全て投げ打ってスタジオの機材に充てる程。挙句の果ては当時でも100万円近くはした、16トラックのレコーディング・マシンまで導入する始末である(笑)。
 当然のことながらスタジオ・レコーディングに没頭していた私にとって、作曲面、アレンジ面、レコーディング技術面での進歩が著しかった時期でもある。
1994年3月
 2枚目のソロ・アルバム「Song For A Star」を発表。
1989年3月
 初のソロ・アルバム「In Search Of The Lost Dreams」を発表。
1987年4月
 某外資系ITベンダーに就職。業務多忙にて音楽活動が一時頓挫を来たす。...と、ゆーか、ハッキリ言って、もう引退するつもりでした(^^;)。「清く正しい真人間の道」を歩もうと思って.......ところがどっこい、天はそーゆーワタシを許さなかったのよぉ(笑)。時が経つにつれて悪い虫は自然と疼いてくるもの、いつの間にやら作曲を始め、給料で楽器を購入し、自宅をスタジオと化してレコーディングを開始し.....気が付いたらすっかり「元のモクアミ状態(笑)」でした......わはは。
大学キャンパスにて.....
1987年3月
 ラスト・ライヴにおいて、自分の音楽の集大成でもある約20分におよぶ大作組曲の演奏を果たし、ネクラシンフォニーオーケストラ正式解散。「音楽的にやるべきことは全てやった」との認識に到る。
同時に大学も単位ギリギリで何とか卒業している(笑)。
 友部 豊、完全に燃え尽きる。......が???
1986年4月
 上述のやうな学生生活のツケが廻って、留年を余儀なくされる。留年が決定した時の言葉がまた良い。「オレはまだ音楽的にやり残したことがあるから、卒業なんかできない!!」......ほとんど病気である。
1986年3月
 壮絶なラスト・ライヴをもって、ネクラオールスターズ正式解散。約4年間の活動に完全にピリオドが打たれる。
ネクラオールスターズ(1984年)
1984年4月
 シンセサイザーを、元バッハ・レヴォリューションの神尾 明朗(かみお あきろう)氏に師事。この時期より、シンセサイザーの理論面・技術面を、神尾氏から徹底的に叩き込まれる。

ネクラシンフォニーオーケストラ(1984年)
1984年1月
 シンセサイザー演奏のソロ・プロジェクト、「ネクラシンフォニーオーケストラ」を結成。ネクラオールスターズの別動隊として活動を開始する。
 アンサンブルをシンセサイザーのみで構成し、ロックの枠組みに捕らわれない交響楽的なサウンドは、多くの支持を得る。
ネクラオールスターズ(1983年)
ネクラオールスターズ(1983年)
1982年5月
 プログレッシブ・ロック・バンド 「ネクラオールスターズ」を結成。多数のシンセサイザー群やメロトロンをフューチャーした壮大なサウンドは、明らかに「ロックバンドの領域」を超越していた。他の才能あるメンバーにも恵まれ、4年間の活動で圧倒的な支持を得る。またこの活動期間、数多くの輝かしいライヴ・パフォーマンスを残している。
 当時から「古色蒼然」と言われていたプログレッシブ・ロックに、新しい生命と可能性吹き込んだと同時に、「1つのバンドにシンセサイザー奏者が2人」という「ダブル・シンセサイザー編成」を提唱・実践した、ある意味で「早すぎた」バンドであった。
1982年4月
 立教大学文学部英米文学科に入学。入学式の当日に、軽音楽系サークル「オーバーオール・ミュージック」に入部している。「大学に入ったら、音楽サークルがあって、そこで思う存分バンド活動ができる.....」これしか頭の中になかったのである(笑)。その後は推してしかるべし、大学生活終始一貫して授業はロクすっぽ出ず、バンド活動に全エネルギーを集中する。当然の結果として、卒業までに5年を要するハメになる(笑)。
1981年
 高校3年までバンド活動にウツツを抜かしていた当然の結果として、浪人を余儀なくされる。ところがこの浪人生、ロクに予備校も行かずに連日コンビニの徹夜バイトに明け暮れる。楽器が欲しかったのである(笑)。苦労の甲斐あって(???)、この年2台目のキーボード、夢にまで見たあこがれの「メロトロン400S(イギリス製!!)」を購入している。
1979年
 都立井草高校在学中に、音楽の創作・演奏に携わる一大決心をする。さっそく初めてのキーボードを購入(ハモンド・オルガンだった...)し、ロックバンドを組んで活動を開始する。当然のことながら、当時あまりにもヘタクソな演奏は、ライブに「観客2人」とゆー笑えるエピソードもある。
196?年〜1976年
 転勤族の家庭に生まれた哀しさか、東京、名古屋、仙台、広島を転々と移り住む。ただ、非常に多感な少年期〜思春期を大自然の中で生活したインパクトはあまりに大きく、その後の創作活動に「原体験」として多大な影響を与える。この時期すでに私の「音楽の核」は出来上がってしまったのである。同時にこの時期、和・洋を問わず多くの音楽に心酔する。ちなみに1977年には東京に戻っている。

 
幼少の頃....
196?年8月10日 午前1時5分
  東京は足立区にて産声を上げる。誕生の瞬間、「天上天下唯我独尊!!」とのたまわったとゆー事実はない。当初名前は「権左ェ門」になる予定だったが、突如両親が「天の声」を聴いてしまったためにかどーかは知らないが、「豊」と名付けられる。結果的に兄弟はなし、1人っ子である。なおこの誕生のとき、太陽は獅子座に、金星は天秤座に輝き、月は蠍座から射手座へとゆっくりと移動していた。
 8月10日といえば、同じ誕生日の人にかのジェスロ・タルの超変人ボーカリスト、イアン・アンダーソンがいる。(あーあたま痛.....)

バイオグラフィー
つっ!ついに出ましたぁ〜!!友部 豊のプロフィール・コーナー。(パチパチパチ....)
ホントはこんなもん出すのとってもハズカシイんだけれど、まぁ「ヒト様のプライバシーぐらい面白いものはない」ってなもんで、皆さんに楽しんでもらえればという一念で、あえて発表に至りました。
皆さん、「単なる音楽バカの半生」を笑って読んでやって下さいまし......。
Welcome to My Cosmo World