今回は、ともべ流の「ウィンナ・ワルツ」をお届けします。
「ウィンナ・ワルツ」といえば、ヨハン・シュトラウス2世の「美しく青きドナウ」なんかが有名ですが、3拍子を基本として、メインテーマで始まって、様々なバリエーションが回り灯篭のように出現したあと、最後にまたメインテーマに戻る、あの形式です。
今回、この「ウィンナ・ワルツ」のやうな曲を書いてみたかったのですが、自由な発想に任せてアレコレいじくっているうちに...

なんか「得体の知れないプログレ」(笑)みたいになっちゃいましたぁ〜!! (^_^;)

作者のイメージとしては、「大宇宙の旅路と、その行き着く果て」みたいな感じなのですが、どのようなイメージを思い描くかは、聴き手のイマジネーションに任せたいと思います。

あと、今回のレコーディングを前に、マイルーム・スタジオのオーディオ・インタフェース機器、電源機器、ケーブル類の全てを見直して全面リニューアルしました。MP3に圧縮してでさえ、これまでの作品に比べ「より高品位な音質で」お届けできていると思っています。

トップページに戻る
 
ファイル名
Perseus.mp3
MP3
44.1khz
320kbps
17.8MB
7分37秒
ペルセウス座の涙     〜旅路の果て
2018/7/21
Welcome to My Cosmo World