「ともべの映画音楽シリーズ」も、遂に第6弾です!!今回は1955年のアメリカ映画「旅情」から主題曲の「ベニスの夏の日」を選びました。
 映画はキャサリン・ヘップバーン演ずるアメリカ人OLが夏休みのベネチア旅行で、ロッサノ・ブラッツィ演じるイタリア人紳士(妻子持ち(笑))と、つかの間の恋に落ちるお話。叙情的な音楽とともに、舞台となるベネチアの風景がとっても美しい作品でした。
 この映画、ともべが若かりし頃にテレビの名画劇場なんかでは頻繁に放映されていて、大好きな映画の1つだったんだよなぁ〜。ラストシーンの「クチナシの花」には、思わず涙したりして...。ただ今改めてDVDで観てみると、主人公の男性と女性の出会いから恋に落ちるまで、あまりに展開が性急すぎますね。男性のアプローチなんか、今の常識から考えたら「ほっとんどセクハラ」(笑)。
 監督は巨匠、デヴィッド・リーン。前作の「ドクトル・ジバゴ」も同監督でしたから、期せずして同じ監督の作品が2作続いちゃいましたね。ただし、時代的には「旅情」のほうが10年ほど前です。
 今回シンフォニック・ロックにアレンジするに当たって、かなりテンポをゆっくり目にして、しっとりした感じに仕上げました。原曲はこの時代らしくラテンのリズムなのですが、ラテン色は完全に排除して、しかもかなり変則的なリズム・パターンを導入しています。前半はシンフォニックに、後半はロックっぽく、しかもイントロとエンディングではドッカーンっ!!と...つまりは「いつものともべ節」(笑)。

トップページに戻る
 
ファイル名
SummerTime.mp3
MP3
44.1khz
320kbps
13.0MB
5分33秒
旅情 〜  ベニスの夏の日
2016/7/30
Welcome to My Cosmo World