ファイル名  KouKyoushi.mp3
 MP3  44.1khz
可変ビットレート 18.3MB
 9分29秒  
 
 2007年に制作した、「宇宙交響詩」の続編です。
 今回の作品のテーマは、モロに「エニド」(笑)。私の力量で、どれだけ「エニド的な」作品を創作しうるのか??ギリギリまで挑戦した力作です。
 また本作でも、今まで以上にハードなエレキ・ギターをフューチャーしました。結果的にシンフォニックな要素とヘヴィ・ロックの要素のブレンドの妙が理想的な形となったように思うのですが、いかがでしょうか??
 音楽のテーマ的には正に「惑星への旅」です。ドラマティックな曲展開を聴いて頂ければ、これ以上説明の必要はないかと思います。
 シンセサイザーを使用してオリジナルな音楽を作り続けて、かれこれ30数年になります。ここに及んで、ようやく「友部サウンドの確立」を宣言したい作品です。
 
ファイル名 Daiwakusei.mp3
MP3 44.1Khz
可変ビットレート 12.6MB
6分59秒
<魂の闇より光へ>
宇宙交響詩第1番
トップベージに戻る
 
 私が2000年に制作した、大作組曲です。同年のライブでも演奏されました。
 現時点での、私の大作指向の頂点をなす作品であり、約10分にも及ぶ長尺な作品ながら場面変化に富んだ、密度の濃い作品に仕上がったと思っています。
 楽曲自体は以下のようなストーリーに基づいています。

T.大宇宙の彼方から、1つの生命が現世に降臨する。
U.生命は人としてこの世に生まれ、成長し、力強く人生を生きる。
V.やがてその生命にも老いと衰えが訪れ、最期には運命の死を迎える。
W.魂に「最後の審判(The Last Judgement)」が下される。
X.永遠の安らぎが訪れ、やがて魂は多くの精霊達に見守られながら、天上高く昇ってゆく。

 以上にような、「人はどこから来て、どこへ行くのか?」といった普遍的なテーマを、宇宙的なスケールで描いたのが本作です。
 皆さん、「永遠のテーマ」を一緒に考えてみませんか?

宇宙交響詩シリーズ
Welcome to My Cosmo World
soler system