LIVE AT THE CITADEL
 2018年
 2017年の最新ライヴ盤。レコーディング・データ等、何も記載がないのだが、R.J.ゴドフリーとZ.ブロックの2人のキーボードと、J.ダッカーのギターのトリオ編成に、おそらくPCのバックグラウンド・オケも併用して演奏されている。クレジットに「R.J.ゴドフリー&ジ・エニド」となっているところが、「ゴドフリーは引退して、もう正式にはメンバーではない」といったところか...??一応ライヴ録音のようだが、エンディング以外、拍手や歓声は一切入らないので、スタジオ・レコーディングのような印象を受ける。
 全編、エニドの初期の代表曲を、リズム・セクションなしで演奏している。筆者個人的には、3rd「Touch Me」の名曲「Homouresque」の再現が嬉しい。いかんせんドラムス抜きなので最初は面喰うが、何度も良く聴けばエニド・ミュージック本来のメロディーの美しさが際立った、好盤である。
 ここでも特筆すべきは、J.ダッカーのギターの上達ぶりである。完全にF.リカーリッシュの領域に達してしまっている。R.J.ゴドフリーが過去のインタビューで「エニドでは、ギターをバイオリンのように弾くことが要求される」と語っているが、エモーショナルな感情表現が豊かな彼のギター・プレイには、正にその感がある。
 この内容で、次はフル・バンド編成でのライヴ盤がもうすぐ予定されているので、超期待である。
 LIVE IN TOKYO 2016
LAST SHOW OF ROBERT J.GODFREY ON STAGE
 2017年
 正に奇跡的であった2016年のエニドの来日公演をライヴ収録した、日本独自企画盤。来日公演は、1日目は1st「In The Region of The Summer Stars」を中心とした、2日目は2nd「Aerie Faerie Nonsense」を中心としたセットリストであったが、一部2夜で重複する曲を除いて、2夜のコンサートがCD4枚に完全収録されている。筆者もこの2夜は生でライヴを観たが、本CDは良いメモリアルとなった。
 実際に生でコンサートを観ていて、そのすさまじい音圧感に圧倒されたのだが、一方で演奏に一部かなり不安定な感があったことも否めなかった。しかしこのCDではおそらくポスト・プロダクションで完全に修正してしまったのであろう、完璧な演奏が楽しめる。往年の名曲の数々や「Fand」の完全再現など、コンサートを生で観なかった人にもエニド来日公演の素晴らしさが伝わる、好内容である。
 特に筆者が嬉しかったのは、実は初日はコンサートの途中でギターのライン関係のトラブルがあり、演奏が中断したのだが、その幕間を埋めるようにR.J.ゴドフリーが即興でピアノ・ソロを演奏した、その演奏までが収録されていることである。
 ちなみにこのコンサートを最後に御大のR.J.ゴドフリーはコンサート・ステージから引退するという触れ込みだったんですが、本国イギリスでは依然ちょくちょくライヴのステージには立っているようで...(笑)
 Live With The City of Birmingham Symphony Orchestra 
& The Warwickshire County Youth Choirs
 2012年
 エニドの2011年のライヴのCD2枚組。こちらもオーケストラおよび合唱団との競演盤。ディスク1に旧曲を、ディスク2に「Journey’s End」完全再現を収録している。上述のライヴ盤から1年しかインターバルがなく、また収録内容も類似しているので、あまり必然性は感じられない。「バンド維持のためのライヴ盤乱発」の感が、多少する。
特筆すべきは、コンサートの最後でバークレイ・ジェームス・ハーヴェストの「モッキン・バード」と、昔は彼らのライヴのアンコール定番であった「ダムバスターズ・マーチ〜希望の栄光の国」を収録している点で、この2曲を聴きたいでけでも「買い」である。
ただ、「モッキン・バード」はやっぱオリジナルのフル・オーケストラ版が断然良かったと思うし、「ダムバスターズ〜」はまあ、アンコールとして復活してくれただけで嬉しい...といった程度ではあるけれど。
どうせライヴで旧曲を復活させるんだったら、「Mayday Galliard」や「Humouresque」を、早く再演してくれませんかねぇ〜。(ひとりごと...(笑))
A
@
Final Noise
1988年
「The Seed And The Sower」リリース後の、エニドの解散コンサートを収録したライヴアルバム。ここからはオリジナルもCDである。
曲目的には後半に近い「Salome」以降からを中心に選曲されており、前述の3枚とはまた違った時代を代表するライヴ・アルバムと言えよう。例によってテープによるバックグラウンド・オケの使用が多大なのだが、それでも「The Seed〜」からの大シンフォニーをライヴで再現してしまうのだから、やはりスゴい人たちである。
なお、このコンサートにはF.リカーリッシュがゲストで出演したという説があるが、クレジットはされておらず、たびたび真偽が議論の的となっている。
本作は現在まで、1度もリマスターおよびリミックスは行われていない。
The Stand
1984年
R.J.ゴドフリー、S.スチュワート、C.ノース体制時のライヴアルバム。基本的には「The Stand」名義のファンクラブ限定リリースである。
「Something Wiched This Way Comes」からのナンバーを中心に収録してあるが、この時期のエニドはライヴでバックグラウンド・テープを多用しており、生のライヴとしての躍動感にはやや欠ける。ドラムと、ギター1本と、キーボード1台、それにリードボーカル以外のパートは全てテープである。
曲目として特筆すべきは、エルガーの「エニグマ変奏曲」から「Nimrod」が初めて収録された点で、エニドの英国然とした一面を垣間見ることができる。
本作はCD化もされているがマスターテープは焼失して存在していないため、アナログ盤起こしのものである。
@Live at Hammersmith Vol.1    A 同 Vol.2
1983年
エニドが満を持して発表した、シンフォニックロック史上最高峰のライヴ・アルバム。例のシンセ・オーケストレーションは、通常2人、最大4人のキーボーディストで再現されている。「スタジオでのオーバーダビングは一切していない」とクレジットにあるが、このあたりは「本当??」みたいな感じは多少ある。イギリス国歌に始まり「威風堂々」で終わるライヴは、全編壮大なロック・シンフォニーの嵐。選曲も1stから3rdまで代表曲がまんべんなく網羅され、ファンにとってはバイブル的な究曲の2枚。「アレを本当にライヴで再現していた」事実に、いまだに驚きを隠せない。
本作は最初のCD化の際にはVol.1、2の表記がなく、CD1枚ものでVol.2のB面が完全カットされ、しかも音質があまり良くない劣悪なものだった。国内盤紙ジャケのリリースにあたり、初めてVol.2のB面がアナログ盤起こしで復刻され、音質もまともになり完全なCD化となった。従って、中古CDなどで購入する際には、Vol.1、2の表記のあるものをぜひ選びたい。
Live at Town Hall Burmingham
2011年
エニドの2010年のライヴ・アルバム。先行で同名のDVDがリリースされ、後追いでCDがリリースされた。DVDの音声トラックそのままではなく、CD化に際して新たにミキシングされており、オーケストラのダイナミズム等はこちらの方が上である。
同名のDVDは視覚的映像がある分だけ、PCによるバッキング・トラックの「弾いていないけど音が出ているパート」がやたらと目立って、ライヴとして楽しむには少々困ったものだった。こちらのCDは「思いだけでも」純粋の生演奏だと思って聴いてしまえば良いわけで、ライヴの記録としてはこちらの方が端的に楽しめるかも知れない。
CD2枚組で、新作「Journey’s End」と1st、2ndの曲が主に収録されている。また、コンサート後半には生のブラス・セクションとパーカッションによるオーケストラが共演している。2ndの曲にはゲストとしてF.リカーリッシュが久々の現役復帰で参加して「Fand」等を演奏しているほか、名曲「The Lovers」のピアノ生演奏があるなど、古くからのファンには涙ものの内容である。
2.ライヴ・アルバム編

 

 

 

 

 

 

 

インデックスに戻る

 

 

エニド完全ディスコグラフィー
Welcome to My Cosmo World