アコースティック・ギターがメインの、シンプルな曲なのですが、いや〜この曲は難産だった...シンプルな曲って、かえって難しいっスよ。(笑)
 曲のテーマはタイトルの通りです。「空」の風景を音楽で表現してみました。静か目ながらもしっとりとした明るい感じの曲にしようと思ったんですけどね〜...なーんか意図せず物悲しげな印象の曲になっちゃいました。「きれいな青い空を見あげながら、泣いている」みたいな...(笑)。そんなつもり、なかったんですけどぉ〜...。
 あと、タイトルが示す通り、この曲は私が大好きな1980年代英国の「某インストゥルメンタル・フュージョン(プログレ??)・バンド」への、オマージュとして作曲しました。
 ファイル名  SkySora.mp3
 MP3  44.1khz
 可変ビットレート  11.0MB
 6分10秒  
ともべのオリジナル楽曲シリーズ パート2
 
 ともべ流のクリスマス・ソングをお届けします。
 クリスマスの夜の夢見るような情景と、そしてその中に存在する一片の哀しさを、音楽で綴ってみました。
 1980年代末のかなり古い録音ですが、最新のデジタル・リマスタリング技術によって、発表に堪えうる音質にまで復元しました。
 どうか素敵なクリスマスをお過ごしください...。

 
ファイル名 TukiToMori.mp3
MP3 44.1khz
可変ビットレート 16.2MB
7分28秒
 
 太古の昔、生命は海より生まれ、そして今ある我々も、その魂はいつの日か「母なる海」へと還っていきます。
 悠久の時の流れを超えて繰り返される営みは、大自然がいかに大きく、また我々がいかに小さい存在であるかを物語っているかのようです。
 生命(いのち)というもの、魂というものに対する尊敬と畏怖の意を込めて、この曲を書きました。
 世界的に愚かな惨劇が繰り返される中、この曲を、地球上の生けとし生けるもの、全ての生命に捧げます。

 
ファイル名 Sanka.mp3
MP3 44.1khz
可変ビットレート 9.8MB
4分59秒
 
「北極光」とは、北の国のオーロラを意味します。例えば、北欧の白夜などを想い浮かべて頂いても結構です。
 この曲は私がまだ20代前半に書いた曲ですが、今回お届けするのは、その2003年版の再録音です。
 全くの余談になりますが、この曲はまだ若かりし頃の私が「とある女性のために」書いた曲です。柔らかな秋の日差しの中で、彼女はショパンのノクターンを弾いてくれました。
 魂の救済と、永遠の光への限りない希求です。
 
ファイル名 North.mp3
MP3 44.1khz
可変ビットレート 12.1MB
6分06秒
インデックスに戻る
 
  人生にはさまざまな形の「別れ」があります。
 この曲のタイトル「別れの歌」が指している別れとは、どのような「別れ」を意味しているのか??
 皆さんのイマジネーションで感じ取って頂きたいと思います。
 
ファイル名 Wakare.mp3
MP3 44.1khz
可変ビットレート 10.2MB
5分38秒
Welcome to My Cosmo World