クラシックの名曲アレンジ物シリーズ
 初めてCubaseのPC環境だけでレコーディングしてみた、トライアル・バージョンです。とりあえず、一番制作に楽な曲をということで、バッハの超有名なこの曲を選んでみました。
 最初は「こーんなノートPCなんかで、レコーディングできるかぁ〜??」とか、ナメていたのですが、いやー、使ってみてビックリ!!イイ音してます。
 今回はまだ「試作品」の段階なのですが、今後は本格的にDAWベースでレコーディングをしようと決意しました。
 いかんせん、Cubaseを評価するために約1ヶ月間の突貫工事で制作したものなので、アレンジ、演奏、レコーディングともに「かなり粗い」ですが、お許しください...。
 ちなみに曲は、やっぱ「ブリティッシュ・プログレ・テイスト」を意識したアレンジを施しています。
 ファイル名  G-Area.mp3
 MP3  44.1khz
可変ビットレート  9.1MB
 4分44秒  
 ファイル名  OverTheWaves.mp3
 MP3  44.1khz
 可変ビットレート  14.6MB
 7分03秒  
 ファイル名  AinoAisatu.mp3
 MP3  44.1khz
 可変ビットレート  9.3MB
 4分37秒  
 
バッハの有名な「ラルゴ」を、シンフォニック・ロックにアレンジしてみました。ハモンド・オルガンをフューチャーして、プロコル・ハルム風に仕立ててみたのですが、いかがでしょうか??大聖堂のように荘厳な雰囲気が伝われば、幸いです。
 曲の後半はややハードに仕上げてみました。エレキ・ギターとアナログ・シンセがそれぞれにリードを取っています。結果として、自分の作品としてはこれまでにない程シンプルな仕上がりの曲となりました。
 「バッハの名曲もこ〜んなになっちゃう!!」(笑)...ってな感じで、一味違ったバッハの世界を体感して頂ければ嬉しいです。
 
ファイル名 BachLargo.mp3
MP3 44.1khz
可変ビットレート 9.9MB
5分24秒
 
CubaseのPC環境だけを使用したレコーディングも、いよいよ3曲目になります。1曲目の「G線上のアリア」は、Cubaseを評価するためのトライアル・バージョンでしたし、2曲目の「とこしえ色の風が吹く丘」は「とりあえず本格的に1曲」でしたから、いよいよこの3曲目で本領発揮です。
 有名なベートーベンの「ピアノ・ソナタ第8番「悲壮」 第2楽章 アダージョ カンタービレ」を、シンフォニック・ロックにアレンジしてみました。ピアノ・ソロの静かな原曲が、「こ〜んな風になっちゃう!!」。ベートーベンも、さぞかし天国で嘆いていることかと...(笑)。アレンジに際しては、プロコル・ハルムとエニドが念頭にあったことは、言うまでもありません。
 この曲に私が託したかったのは、「希望の光」という言葉です。
 
ファイル名 HisoSonata.mp3
MP3 44.1khz
可変ビットレート 11.2MB
5分29秒
インデックスに戻る
 
メキシコの作曲家、ローザスによるワルツで、セミ・クラシックとしてもたいへん有名な曲です。思いっきり大胆に、シンフォニック・ロックにアレンジしてみました。
 原曲はタイトルからも、大海原を帆船が悠々と進む光景を表しているのでしょう。その壮大なイメージは大切にしました。しかしながら、よりブリティッシュ・ロック(プログレッシヴ・ロック??)の色合いの強い、味付けをしています。
 ワルツなので、各テーマごとに回り灯籠のようにリード楽器が入れ替わります。その変化の妙も楽しんで頂けたら嬉しいです。
 何かと暗い話が多い今の世の中で、この明るい1曲が少しでも皆さんの心の光になりますことを祈って...。
 
 20世紀イギリスを代表する作曲家、エルガーの小品です。
 最愛の妻に捧げられたものと云われています。
 原曲の心なごむ美しい味わいはもちろん残しつつ、シンセサイザーを使用してシンフォニックロックに仕上げてみました。
 午後のお茶など飲みながら、どうぞ....。
Welcome to My Cosmo World